将来禿げるかもしれない行動

「母方の祖父が薄毛だと将来同じようになる」という噂は薄毛に悩む方の中では広く知られている事です。
これは男性に多い脱毛症「AGA」の原因の一つである遺伝子が、特に母方の遺伝子が強く関係する事から言われています。
しかしAGAの原因は遺伝子の他にもストレスや生活習慣、ホルモンバランスなどがありますから、生活習慣を見直す事で薄毛予防できる可能性も充分にあります。

薄毛になりやすい人の生活習慣として、まずは脂っこいものばかりを好んで食べている事が挙げられます。
脂っこいものばかりを食べる偏った習慣が駄目なのはもちろんですが、脂を過剰に摂取する事で頭皮から分泌される皮脂が毛穴を詰まらせてしまい、髪が抜けやすい状態になってしまうのです。
更にお酒を飲み過ぎてしまうのも問題で、飲み過ぎによる肝臓への負担から肝機能が低下し、発毛に必要な新しい細胞が作る事が出来なくなってしまいます。

もし当てはまる事があるのなら他の薄毛対策と併用してそれを改善し、より効果的な対策にしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る