薄毛の原因は様々ものがありますが、遺伝を除く多くの原因は生活習慣にあります。
特に頭頂部付近が薄くなっているという方は、毎日お酒を飲んでいる人に多いそうです。

お酒を飲むとアセトアルデヒドという毒性物質が体内で生まれ、それが分解されるまで、ビタミンやアミノ酸などの栄養素を多く消費してしまいます。
その消費される栄養素の中には、髪の毛を構成するシステインなどの重要な成分も含まれており、髪の為の栄養素が無くなってしまうことになるのです。
更にアセトアルデヒドは髪の毛を作り出す男性ホルモン「テストステロン」を、AGA脱毛症を引き起こす男性ホルモンである「ジヒドロステロン」に変えてしまう働きもあります。

他にもアセトアルデヒド自体が体にいい影響を及ぼすことが無いので、飲酒されている方はお酒を飲む量を減らしてみるだけでも体調の変化を感じてもらえると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る